CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE

プロフィールを見る

このサイトはリンクフリーです
人気blogランキング
カウンタ
LINKS

無料ブログ作成サービス JUGEM
<< Supper mapple Ver.10 レビュー! | main | サンヨーのゴリラナビ NV-SB540DTを買いました! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Mapfan naviiをUSBサブモニタで!(完全版)

先日、あるホームページでMapfan naviiをUSBサブモニタで表示させる方法が
載っていたので早速試してみました!

サムソンのSyncMaster U70という解像度 800*480のものを使用しています
これまではミラーモードでMapfanNaviiを表示させていたのですが、
MapfanNaviiは1024*600?くらいの解像度なので、全画面表示できなかったんです

で、「もこ窓」というソフトを使うと縮小させて全画面表示させることができるみたいで
早速試してみたところ、できました!





図のように縮小して全画面が表示させています
MapfanNaviiにカーソルを合わせると解像度が1024*600?に戻ってしまうため
多少慣れも必要ですが、はるかに使いやすくなりました!

単なる縮小表示でも、7インチあればかなり見やすいです
これだったら、ファーストナビでもいいなと思いました

ただ、信号待ちで周辺の地図を確認したい場合などは、上に書いたように
解像度が戻ってしまうため、大変やりづらいです(^^;
解像度が戻らないといいのですけど・・


【楽天市場で Mapfan naviiの価格を見る】

【楽天市場で USBサブモニタの価格を見る】

| 車関係 | 22:21 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:21 | - | - |
初めまして!
MapFanNaviiを「もこ窓」を使用して縮小表示する方法ですが、特別な設定は必要でしょうか?
私もUSBサブモニタを使用して運用したいと思っていたところ、nob54さんの記事に辿りつきました。
私も実際にチャレンジしたのですが、ちっとも縮小される気配が・・・
設定手順として、Naviiを起動した後、もこ窓のルール編集でキャプチャボタンを使ってNaviiを登録したのですが、ダメでした。
ちなみにその他は「縮小中も描画」、「復元方法を左クリック」に設定してみました。

nob54さんはどのように設定されているか教えていただけないでしょうか。

PS.OSはWindows7です。
| はっぱ | 2010/06/28 12:47 AM |

3日目でソッコー8万いただきますたーっ!!!!!
想像以上に簡単で逆にちょっとビビったww
http://4wi5r35.tee.navitime.me/
| ナーマソフト | 2010/12/25 7:14 AM |

あ、あの子何回オレにさせる気なんだっての!!!
5回目入った時点で打ち止めですわっ!!!
10萬モロタとはいえこれは重労働杉だわ・・・・・・
http://hkfw1tj.das.murapon.net/
| 道隆 | 2011/01/03 2:50 PM |

気持ちいいとか言う次元じゃないのよこれ。
なんかもう、全身泡になったっていうか・・・
貴重な体験+ギャラで、ホントイイこと尽くしだったなぁ。
http://h59n6ef.gim.uerock.net/
| 桃医 | 2011/01/08 2:52 PM |

正直甘く見てたよ、最初のうちは……
でも1回始まったら、これがもう強烈なアタックでね!
またたく間に、もう即・座・に限界キちゃったね!
http://scur-9x.fusa.yahoosearch.me/
| リンデル | 2011/01/14 7:46 AM |

うっひょっひょぉぉぉっ!!ヽ(・∀・)ノ

八"イヴ攻めしてたら「ち○ぽ欲しいよぉ〜」っておねだりキタ!!
ぶち込んでやったら、そんだけでイキまくってた件wwwww

これで5万ゲット。。。ウマすぎるwwwww
http://chc87rf.updown.yen-doller.info/chc87rf/
| ぱんてい | 2011/05/06 8:38 PM |









http://nob54.jugem.jp/trackback/276
このページの先頭へ